スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.02.23 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    みきちゃんこと横田美紀さんの安定感と本来の?かわいさ

    0

      生活環境上、ある意味正当な理由で子供向けの番組を視聴する機会も増えたわけですが、今日もなんとなしに見ていた「ニャンちゅうワールド放送局」で、いつもどおりみきちゃんは安定してるなと思って見ていたところ、どういういきさつか、みきちゃんがジャージを着て、なんと髪を下ろしているではありませんか!!

      髪を下すときれいなストレートヘアで、いつもの感じと全然違ってそのギャップにやられました。そもそもまっすぐの髪が私の弱点の1つでありますので、急にストライクゾーンに入って来られるとびっくりしちゃいますねww

       

      それでいろいろ気になって色々調べたら、CMとかアーティストのPVにもちょこちょこ出演しているらしくて、公式ブログにYoutube動画が貼ってあるのですが、教育テレビ(Eテレ)のお姉さんの雰囲気とは180°違った、すごく女の子らしい格好と女の子らしい表情で、こういう本業?やると凄いんだなぁと。みきちゃん凄いんじゃん!と思いました。

       

      その中からひとつ、かりゆし58のPVをご紹介しておきます。

      女性って本当に変幻自在ですよね。

       

       

       



      堀江由衣さんを正妻に迎えた場合の浮気相手と「本番」の定義について

      0

        嫁にするとか付き合うとか言っても、マジテンションでは無く、あくまで「彼女たちのアーティスト活動」を嫁にしたり付き合ったり、という意味で話を進めますが(この前置きが一番謎ww)、

         

        結論を先に言ってしまうと、
        ほっちゃんと契約している私にとって一番の誘惑となりえるというか、この約15年で一番脅威に感じたのは、

         

         

         

        やはり花澤香菜さんでしょう。

         

        なにが脅威かと言って、

        そもそも、声そのものが魅力的で、私みたいなタイプの人間が籠絡されやすい声をお持ちであること。

        平たく言ってかわいい歌声であること。


        私にとってかわいい声というのは、最近のメジャーどころでいくと相対性理論のやくしまるえつこさんとか、カラスは真っ白のヤギヌマカナさんとか、ちょっと違うかもしれないけどサイレントサイレンの方とか、往年のところでいくと川本真琴先輩とか、そういうところですよね。

         

        人の感覚とは面白いもんだなぁと思うのですが、ボーカルの声がかわいい曲で色々調べると、「いやいや、そういんじゃなくてww」という動画や提案をたくさん受けることができます。「かわいい」は、声でも容姿でもホント人それぞれで広義だよなぁと思わざるを得ません。


        さて、花澤さんの話に戻りますが、声そのものが良い上に、もう一つアーティスト活動において重要な要件を備えている気がしています。それは、

        彼女に「良い曲が集まってきてそう」という感覚です。

        別に全部聞いているわけではないというか、知ってる曲なんて逆に数えるほどですが、最初にアニメ枠のCMで「恋する惑星」のサビを聞いた時は、一般人の私にも「あ、売れそうだな」「あ、今この人に集まってるな」と感じられました。力のかけ具合というか、プロモーションとか諸々のリソースの話ですね。アルバムなんか聞いてもそれが感じられます。曲のジャンルというかバリエーションも豊富で、全てにおいて「香奈ちゃん、今度はこんな曲に挑戦したか!」というファンの反応を見透かされてるかのようです。


        ところで、私は先に「恋する惑星」を知ってから、1stアルバム「claire」を聞いたのですが、1曲目の「青い鳥」を聞いた時は、「これ絶対恋する惑星チームでしょww」と思ったものです。とても好きです。

         

        2ndアルバムの「25」では、DISC1は前作踏襲で安定した粒揃いといった感じで、逆にDISC2は結構チャレンジングな曲もありつつなのですが、もはや「ついてきたファンは絶対に離れない」という、作り手のファンへの信頼(というか確信)みたいなものを感じました。実際2枚組のアルバムって、往々にして2枚目で攻める傾向に無いですか?? 実際それぐらい引き出し無いと2枚組は持たない気もします。

         

        と、いうことでまとめですがwww
        浮気(不倫?)の条件は、
        ・シングルCDのパッケージを買うこと、初回、ましてやフラゲは言語道断(今は数曲をダウンロードした経験がある程度)
        ・アルバムCDのパッケージを買うこと、初回、ましてやフラゲは言語道断(今は数年落ちでTSUTAYAで借りてくる程度)
        ・ライブに行くこと
        ・ファンクラブに入会すること
        ・お渡し会等のイベントで「会ってみたいな」と思うこと
        ・見てないアニメ作品でも担当CVのキャラソンを押さえ始めること

         

        これを1つでも満たしたら、どっちが浮気相手なの?と「ほっちゃんのアーティスト活動」から詰め寄られてもおかしくない状態です。実際、不倫の定義みたいにあいまいなものですが。本家のほうの定義が「本番行為に及んだらアウト」ということなのであれば、私にとってアーティスト活動の応援における「本番」とは、さまざまなリリースに「本能的に献身的に応じること」なのかなと。

         

        そんなこんなでいま、本番待機中です。

        ・・・ところで、ミスモノクロームの件はどう処理する??本妻が作りだした分身みたいな存在との本番行為は許されるのか(以下略)



        Blooming Line強化中 その2

        0

          やはり「バード・コート・ヤード」が何度聴いても凄いです。私にしては珍しく、その凄さが歌詞にまで及んでいます。

          あまり歌詞の深いところまでは読み切れませんが、でも女の子っぽい感じなんだろうなっていうのは伝わって、とりわけ「秘密など もう連れ帰ってこないで」なんて、ちょっとビンビン来ますね。只野菜摘さんの歌詞は神ですが、そういう歌詞で歌われると、世の中の女性がみんなそういう健気なというか愛らしいものなんじゃないかと、真っ直ぐな私なんかは勘違いしてしまいますね。

          そこで ふと、只野さんは ほっちゃんの楽曲にも結構提供してたよなぁと思ってちょっと調べたら、「恋する天気図」が出てきて、あ〜、なるほどなぁ〜。あざす。ごちそうさまです。あざす。という気持ちになりました。もう何も申し上げることは無いです。「恋する天気図」の名前が出た時点で全てが完結します。



          久々のラブリ エブリデイ炸裂

          0

            私が入浴時にSONYウォークマンをランダム再生していることは周知の事実ですが、その無限の可能性と偶然の連続の中で、今日はりょーこさんのRe TIMEから、ほっちゃんのラブリ エブリデイというつながりが発生しました。

            バラード調から、バンビポップ本領発揮のラストの加速感。パワフルなりょーこさんの声。そんなRe TIMEのエネルギーを、ラブリ エブリデイは、完璧、アレしていくんですよねww もうね、「どうだ!!」みたいな誇らしい気持ちになっちゃうんですよ。何に対してどれがどう という訳ではなくて、ラブリ エブリデイを聴けたことに対して純粋に熱くなるんですよね。別に私は ほっちゃんのラブリ エブリデイを使い魔にしている訳でもデュエルの手札として持っている訳でもない。でも、この曲が出てきてくれると、「大いなる満たされ」が起きるというか自慢感があるんですよね。

            この感覚があるうちは、自分は、大丈夫なんだろうなって思いますw

            いずれにしても、ラブリ エブリデイは、自分がこの地球で日々前進しているんだなということを全身で感じさせてくれる曲だということです。



            青薄(あおすすき) と わすれないよ 

            0
              お久しぶりですが、今回は ほっちゃんのキャラソンから「青薄」と、りょーこさんのアルバムPretty Good!から「わすれないよ」を取り上げました。

              最近、懐かしのPretty Good!を聴いてますが、 わすれないよ はアルバムの中でも異彩を放ってますね。そしてさらに、そこからふと青薄を連想しました。

              近いなと。
               
              調が。メロディまわりが。隣り近所な感じだなと思いました。
              こういうのを何と表現して良いのか、エキゾチックというか大陸的というか、そんな感じのポップ曲はとても良いですね。まぁ、とても良いと思うのは完全にアーティストさんのおかげですがw
               
              青薄は、サビ終わりのあの高音で畳み掛ける感じが気持ち良いです。倒されます。

              前にも言ってたら大変恐縮ですが、昔、林原さんがほっちゃんの番組にゲスト出演したか、もしくはその逆の時に、林原さんがこの青薄を絶賛してたというか、「凄くこの曲好き」みたいなことをおっしゃってたように記憶しています。そして私はそれに対して、「…うん。そりゃそうでしょう。うん」みたいな感じになってたように記憶していますww 時代的には、アベノ橋魔法☆商店街の主題歌を歌われてた頃あたりですかね。懐かしいです。

              「ほっ?」に収録されていますが、この青薄 〜 サクラサク -ほっ?Version- 〜 イツマデモ ドコマデモ -ほっ?Version-  のコンボは強烈ですね。聞き始めたらノンストップです。そもそも「ほっ?」への思い入れが個人的にハンパ無いです。最初に黒ネコ集会に参加したのが、ちょうどこの「ほっ?」を引っさげた状況だったからです。あの時の興奮と空気感は今でも忘れられません。
               
              あと、「ほっ?」でいくと、ほっちゃんがプロモーションでどこかのラジオ番組にゲスト出演した時に、「ほっ?」の正しいイントネーションを教えてあげましょうみたいな感じで、はりきってほっちゃんが発音したんですが、イマイチ決まらず、「…あ、ダメだww」みたいになってたのを記憶しています。あれなんの番組でしたっけね?? 凄くかわいかったのは覚えてるんですが。

               
              いやぁ今日しゃべったな〜。 青薄で。


              DaysとCANDY☆POP☆SWEET☆HEART

              0

                風呂場で聞くウォークマン&オールシャッフルのおかげで、毎日実にいろんなアーティストのいろんな時期の曲を無作為に聴くことができています。実に有意義なことです。

                今日のりょーこさんの曲はCANDY☆POP☆SWEET☆HEARTでした。実にいい曲ですね〜。R・O・Nさん全開って感じがします。もの凄く「りょーこさんからの挨拶代わりの強烈な一発」という感じがします。何というか象徴的な曲だなぁと。


                …はい、それではw それに対するほっちゃんの曲は何になるかな〜と、実に久しぶりに考えたわけですが、まぁほっちゃんを象徴するという壮大なところまではいかなくても、あのあたりの時期(CPSHは06/05/24だとか) のシングル曲で、かつ明るく元気な曲となると、 やはり「Days」かなぁと。

                どちらも はじける感じがありますね!しかも歌詞もデート設定!!


                (ここから若干、世界観変わりますw)

                …そんなこんなで風呂から上がる。
                そしておもむろに「CANDY☆POP☆SWEET☆HEART」のPVを見る。
                かぁ〜、このバンドPV的なのもやっぱいいよなぁ〜とか、りょーこさんは さりげなくウィンクがうまいんだよなぁ〜とか思う。(うまいというのは、正確にパチっと決めるというよりもむしろ、ぎこちなさをわざと残して照れ隠しを含めつつ、ごくごく自然に決めるというところにうまさを感じるのですが、まぁそんな感じでまぁ素晴らしいPVなわけです。)

                じゃぁ今度は、ほっちゃんの「Days」を見ようかと思う。ごくごく自然なこと。
                …でも、見れない。別に持ってないわけでもディスクが割れてしまったわけでもない。
                どうしても積極的には手が伸びないのだ。
                なぜか?




                PVが完全なデートシチュエーションだからです!! w


                アイスが?ほっちゃんの口に?残ってる?それを?男性の手が?ふき取る?
                後半では?ほっちゃんが怒るけど?戻ったりして?さらに手が重なったりして?
                ※だいぶ記憶がアイマイ(I my)です。

                ↑ これは過剰な演出であって私の素ではないのですがw、まぁそんなわけでほんの少しだけ胸がチクっとするPVであることは確かです。データを取ってませんが、ほっちゃんのPVの中で一番再生回数が少ないことはまず間違い無いでしょうww

                いや〜実に恥ずかしい。(再生回数とかを引き合いに出すことが)



                スコールクロールとnew story

                0

                  以前「スコールクロールとルーフトップ」という記事を書きましたが、これは曲調も去ることながら、どちらかというと歌詞の世界観の対比を楽しんだ内容でした。

                  むしろ曲調からのアプローチでいくと、スコールクロールの対比としては、アルバム「MARCHING MONSTER」のnew storyという組み合わせも面白いと思います。

                  ダンサブルで淡々とした感じとか、サビ終わりの流れでの「ずっとー ラララーラー」と「オーイェー ウォー」あたりも結構シンクロしている気がします。

                  new storyは最後の後奏がめちゃくちゃかっこいいんですよね。ドラムが。
                  …それはそうと、りょーこさんのボーカルも通常よりも淡々としているというか、特にAメロの歌い方がさらっとしていて、不思議な世界が広がっている気がします。あるとき営業車でこの曲を聴きながら、そのりょーこさんの声を実にかわいい声だなぁと思ったわけですが、このタイミングでなぜか、こんな純粋な疑問がふと湧き上がってきました。

                  「あれ、ほっちゃんの声って、どういうふうにかわいいんだっけ?」

                  new story終わりでCDを止め、赤信号のスキにすかさずほっちゃんの名盤「水たまりに映るセカイ」にチェンジし、スコールクロールをかけてその答えを求めました。



                  …自然と笑みがこぼれましたねwwホント



                  堀江由衣「Secret Garden」と新谷良子「Secret Garden」

                  0

                    ほっちゃんの曲「Secret Garden」の魅力と個人的な新発見については、先般お話ししたとおりです。
                    ⇒【Secret Garden】個人的新発見

                    さて、りょーこさんのSecret Gardenはというと、5thアルバム「MARCHING MONSTER」中のインスト曲として存在しているわけですが、「月とオルゴール」と「雨のスリーコード」をつなぐ重要なトラックとなっています。両曲のエッセンスを絶妙に組み合わせた切ない曲で、もしかしたら泣きゲーの重要曲として使えそうな感じのテイストです。その後の雨のスリーコードの入りがまた良いんですよね〜

                    アルバムにインストが入ってるとか、本当にポップミュージシャンって感じですね!

                    さてせっかく両方持っているので、この2つのSecret Gardenをつなげて聴いてみました。りょーこさんの神インスト曲「Secret Garden」からほっちゃんの神曲「Secret Garden」をかぶせていくという形です。

                    切ないインスト終わりからの…
                    「Everybody Dance! Party Night!!」

                    いい意味でのぶっ壊し感が凄いです。自分のセカイに一気に引き込むというか、そういうほっちゃんの支配力には思わず笑ってしまいますねww


                    …やっぱり4回目の「パーティーナーイ」のところ若干沈ませてるように聞こえるなーw



                    【UNLOCKER!】北風と太陽

                    0

                      今日はなんか手の調子が悪く、途中までかなり丁寧にブログを書いていたのに、間違って消してしまうという行為を2回もやってしまいました。もう完全に萎えていますwww

                      ので、すごくかいつまんだエッセンシャル版で終わらせてしまいます。

                      AngelBeats!の直前特番みたいなやつで、だーまえがLiaさんにMy soul,Your Beats!のボーカリングのディレクションをしている場面で、だーまえが「サビに向かってドライブ感増してく感じで」的なことをおっしゃっているのを聞いて、あらためて「ドライブ感」っていい表現だなと思いました。

                      まさにりょーこさんの曲はドライブ感のある曲が多いなぁと思うわけですが、それに加えて周りの、バックの音も凄く豪華ですよね。これは、りょーこさんがそういう豪華な音に負けない、パワフルなボーカルだから可能なんだと思います。敢えて北風と太陽で言えば北風で、しかもそのハリケーンで我々の理性という名の「コート」を脱がすことに成功しています。

                      りょーこさんがパワフルで北風と来れば…
                      もう言わなくてもいいのかも知れませんが、ほっちゃんは、プリンセスで太陽です。

                      ここまでの構図を作っておいてなんですが、私はUNLOCKER!の中では「スロウ・モーション」が一番好きです。せつない系で、しかも前奏とか間奏でドラムが「ドツーツドツーツ」となるからです。



                      ほっちゃん、りょーこさん2人の決定打

                      0

                        ほっちゃんのことは、当初からいろいろ耳にはしていましたが、自分を本格的に動かす決定打となったのは、やはり1stマキシシングル「Love Destiny」です。
                        しかも一番最初はCDTVで、ほんのちょっとだけ流れた映像を見てかなりの衝撃を受けた覚えがあります。これが噂の堀江由衣か!!しかもその時に数秒間流れていたPVは、ちょうどスタンドマイクを持つ手を持ち替える的なアクションのところで、あれで確実にノックアウトされた記憶があります。
                        そういう意味でCDTVにはとても感謝しています。あれを見ていなかったら、今頃どんな私生活を送っていたことか。。少なくともほっちゃん本人に向かって「回って〜!!」なんて叫ぶことはなかったでしょう。極めて恐ろしいことです。

                        りょーこさんは、店頭で見た1stミニアルバム「ピンクのバンビ」のジャケットが決定打でした。なんか素通りできないかわいさがありました。

                        GA面白かったなぁ〜



                                                       
                        新着記事プラネット
                                        
                        どんなことだって




                        『クリスマスソングプロジェクト』

                        Illustrated by Minori
                                       
                        カテゴリクロール
                        単語☆サーチ

                        サーチした単語を含む記事を私が書いていれば、左に出るはずですw
                        コメントバンビ
                        メッセージお待ちしています
                        ・足あと ご要望 ネタ投下何でも結構です
                        ・「大喜利」カテゴリでやっているお題の答えや新たなお題も大歓迎ww
                        小さな祈り
                        にほんブログ村 アニメブログ 女性声優へ   にほんブログ村 アニメブログ 声優応援へ
                        プロフィール
                        黒ネコバンビ(クロネコバンビ)
                        主宰 : ヒートドライバー

                        【良く聴くほっちゃんの曲】
                        BE FREE

                        【Mail】
                        メールをどうぞ

                        【Twitter】
                        http://www.twitter.com/hmx_type12

                        詳しい趣味嗜好はこちら                 

                        Illustrated by ですぺら@元ダメ人間

                                        
                        黒ネコカレンダー
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << December 2018 >>
                        黒猫と月単位をめぐる冒険
                        トラックバック
                        黒ネコリンク
                        無料ブログ作成サービス JUGEM